エッチして初めて相手の気持ちが分かる

(エッチして初めて分かる相手の気持ち)
テレホンクラブや出会い系のウェブサイトで、セックスフレンドを見つけ出している方も沢山いると思います。
セックスフレンドを見つけ出すのは、表面的に恋人を見つけ出すよりも容易に感じられますが、実際は恋人を見つけ出すよりも困難で、恋人は性行為を行わなくても、その外の肌合いを確認する事が可能ですが、セックスフレンドは、どれほど見た目が自分のタイプであっても、性行為を行わなくては対象との肌合いが浮かび上がってこないのです。
セックスフレンドに望むのは、性行為が一番なので、性行為の肌合いがマッチしなければ、問題外ですよね。
初めて理解できる対象の感情こそ、性行為で全部が理解できるのです。
どこで対象の感情を把握するのか、どのタイミングに対象の感情が理解できるのか、それさえ把握していれば、セックスフレンドを設ける時でも、一回の性行為で対象を把握する事が出来、これからもセックスフレンドとしての間柄も継続するか、あるいは一回だけで終了するかを、見極めやすくなると思います。
※一回性行為すれば、全部が窺える!
性行為を行う前と後では、双方共に気持ちの移り変わりが表れるのは確実です。
再び性行為を行いたいと考えるか、あるいは一回エッチできれば満ち足りて終了するのか、それは性行為を済ませてみなければ判断できないと思います。
これまで控えめだった方が、性行為を行ったら突然礼儀知らずになり、そのようになった事を、特に何とも感じないか、あるいは一回の性行為程度で…と感じるのか、それもまた人によって異なるのです。
そして、そう感じるのは、性行為の肌合いがマッチするマッチしないでも、異なってきます。
仮に対象と性行為の肌合いがマッチするのであれば、一回性行為した程度で礼儀知らずだ…とは感じないですよね。
そう、性行為して初めて理解できる対象の感情には、対象の感情を把握する事で、自分の感情も一緒に把握する事が可能なのです。
対象の感情を把握した自分は、その時にどのようなリアクションをし、どのように感じたか、礼儀知らずになった時、好ましい気持ちだったか、あるいは腹立たしく感じたか、等といったように、自分の感情をもう一度チェックする事が可能なため、機会を逸しないようにしてください。
対象の事を把握するには、性行為は非常に重要な振る舞いですが、自分の感情をチェックするにも、非常に大切な振る舞いの一つなのです。