性病を持っていないかチェックする

(セフレが性病を持っていないかチェックしよう)
セックスフレンドと性行為する時には、対象が性行為感染症に罹患していないかを確認してください。
セックスフレンドとなる方は、大抵があなたが最初のセックスフレンドではないケースや、別にセックスフレンドが数人存在するケースが多いため、取り分け出会い系のウェブサイトで親しくなるセックスフレンドには、性行為感染症に対する警戒が不可欠なのです。
今、性行為感染症を発病しているか?
もしくは、過去に性行為感染症を罹患した経験はあるかも把握しておくと良いでしょう。
その理由は、性行為感染症のタイプによっては、感染して即座に発病していなくても、何週間か後に発病する性行為感染症も存在するためです。
取り分け、セックスフレンドの他にちゃんとした恋人が存在するケースでは、性行為感染症については相当注意深く警戒する必要があります。
仮に恋人に感染してしまった場合に、確実に怪しまれるのは貴方本人で、浮気を行なっている、と完璧に発覚してしまうのです。
ですが性行為感染症というのは、外見のみではどうしても見極めにくいタイプが存在していて、意識が向いた時には性行為感染症を罹患していた…という話を頻繁に聞きますが、一回性行為感染症を発病してしまうと、感染しやすくなってしまうためリスクがあります。
性行為感染症を有していないかを確認するには、この2つの部分に重きを置きましょう。
1.前戯の際に香りで確認する
香りがあるか否かでも、幾らか性行為感染症が見極められますが、香りがあっても性行為感染症でないケースもあり、確実に性行為感染症とは言い切れません。
ですが香りが存在するケースでは、性行為感染症の恐れがあると解釈し、コンドームを用いて完璧に性行為感染症を排除するようにしてください。
2.差し込む際に確認する
性行為感染症を有しているケースでは、差し込む際に苦痛が伴う時があるため、対象のリアクションを前戯で注意深くチェックしてみなければなりません。
差し込む際にチェックしたい場合には、やっぱりコンドームが不可欠です。
セックスフレンドが性行為感染症を有しているかをチェックするには、前述の2つの部分に注意して見極めてみると良いと思います。
更に、セックスフレンド本人が性行為感染症であるという事に自覚してないケースもあり、発熱したり、歩く際の激しい痛みなど、現実の病態が現れてから、ようやく性行為感染症だと自覚する方も存在します。
一般的にセックスフレンドは、複数の方と性行為を堪能しているため、性行為感染症にも罹りやすく完全に治癒しにくいのが特性です。
折角の心地良い性行為をぶち壊しにしない為にも、セックスフレンドが性行為感染症を有しているかを把握する事は非常に重要な事であるため、意を決してセックスフレンドと性行為感染症に関して相談してみるのも良いと思います。